本文へスキップ

売買監理銘柄とは

売買監理銘柄とは


売買監理銘柄とは

売買監理銘柄とは、売買高が急増して株価変動に異常が認められた特定の銘柄に対して、証券取引所が投資家に注意を促すために指定する銘柄のことです。

  • 株価変動の異常とは、特定の銘柄への急激な売買高の上昇に伴う株価の不自然な乱高下のことをいいます(背景には仕手筋や特定の投資家などによる株集めなどがあるとされています)。



株価変動の異常が認められた銘柄は、企業業績とはかけ離れた株価形成がされやすく、また株価の値動きが激しいため大きな損失をかかえてしまう投資家が増える恐れがあります。ゆえに、証券取引所は公正な株価形成と円滑な売買機会を提供するために当該銘柄を「売買監理銘柄」に指定して、投資家に注意を促しています。

売買監理銘柄に指定された銘柄は、日々信用取引残高が公表されることとなります。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース