本文へスキップ

インサイダー取引(内部者取引)とは

インサイダー取引(内部者取引)とは


インサイダー取引(内部者取引)とは

  • インサイダー取引(insider trading)とは、「内部者取引」とも呼ばれる、インサイダー(会社内部関係者)が、当該会社が発行する有価証券を、投資判断に重要な影響を与える「重要事実」を知っていながら、その重要事実が公表される前に売買する取引のことです。

    インサイダー(会社内部関係者)とは、上場会社とその親会社や子会社の役員、大株主、代理人、使用人、パートタイマー、アルバイト等です。また、上場投資法人(いわゆるJ-REITの発行者)、その資産運用会社及びその資産運用会社の親会社その他の特定関係法人の関係者等のことを指し、インサイダー取引は金融商品取引法で規制されています。これは、重要事実を利用して有価証券を売買すれば、容易に利益を得ることができ、それらの重要事実を知らずに取引をした一般投資家が損失を受けることとなり、市場における売買取引の公正と投資家保護の観点で重大な問題となるためです。

    インサイダー取引は、2013年4月1日の金融商品取引法等改正に伴い、投資法人の発行する投資証券等の取引が規制の対象となりました。



重要事実とは

重要事実とは、投資判断に著しい影響を与えると想定される会社の運営・業務または財産に関する情報のことです。上場会社等および子会社について「決定事実」「発生事実」「決算情報」「その他」に分類されます。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース