本文へスキップ

時価・簿価とは

時価・簿価とは


時価とは

  • 時価(じか)とは、商品や製品を購入時の価格から経年や使用消耗分を差し引いた価格のことで、現時点での市場価格のことをいいます。



簿価とは

  • 簿価(ぼか)とは、「帳簿価格」の略語で、会計帳簿上の資産負債の純額のことです。一般的に取得原価のことをいいます。



時価と簿価の例

例えば、企業がある株式を1億円で買ったとします。その後、その株式が下落して決算期末に7000万円になったとします。この場合、企業はその株式を取得するために支出した1億円を会計帳簿に記載します。これが簿価です。
一方、時価は現時点での市場価格のことですので、この場合、時価は7000万円ということになります。




時価ベースか簿価ベースかに注意する

投資家の間で頻繁に使われる株価指標に「PBR」があります。PBRは株価をBPS(1株当たり純資産)で割って計算される株価指標です。帳簿上、企業の純資産は株主の持ち分なので、もし現時点で企業が解散したとすれば、株主は持ち株数によって企業の純資産を分配してもらえる、という観点から現在の株価が純資産と比べて高いのか安いのかはかる際に使われる株価指標なのですが、このとき気を付けておかなければならないのは、その純資産が時価で計算されているのか簿価で計算されているのか、ということです。

純資産は、貸借対照表の「資産」「負債」で計算されます。貸借対照表の資産と負債は時価ではなく簿価で記載されています。ゆえに純資産も時価ではなく簿価で計算されますので実際にそれだけの価値があるとは言えません。
PBRが1倍以下であれば株価は割安だと判断されますが、純資産は時価ベースでなく簿価ベースで計算されていることから一概に1倍以下であれば割安だと判断できない、ということは注意しておかなくてはなりません。これらのことから、資産や負債、資本に関する株価指標などは、常に時価ベースで計算されているのか、簿価ベースで計算されているのかを注意深くチェックして投資の判断に繋げる必要があります。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース