本文へスキップ

ラストベルト(米中西部工業地帯)とは

ラストベルト(米中西部工業地帯)とは


ラストベルト(米中西部工業地帯)とは

  • ラストベルト(rust belt)とは、米国の中西部と太平洋岸中部の一部の渡る自動車や鉄鋼、石炭などの産業が衰退した工業地帯のことです。

    ラストベルトは米国の製造業と重工業の中心でしたが、1960年代以降のグローバリゼーションと世界の自由貿易の拡大に伴い、1970-1971年の不況時から多くの都市で製造職の外部委託が多くなり、国内の製造職の雇用が減り、次第に工場の廃棄も進んで、国内の中心はサービス産業へと傾斜。液体水素燃料電池開発、ナノテクノロジー、バイオテクノロジー、情報技術なのどエンジニアリング職の供給源となりました。製造業の雇用が減る一方で、製造業は労働集約型の生産工程では低賃金の国に負けるのでこの領域から離れ、高付加価値製品の生産と先進的無人化生産方式に移行し、生産力は増加しています。ただ、これらの展開によって米国内ではグローバリゼーションや自由貿易への批判が強くなっています。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース