本文へスキップ

利回りとは

利回りとは


利回りとは

  • 利回りとは、ある期間に得た利息や収益の一年間の平均値を元本で割ったもののことです。貸したお金に対する収益の割合で、「年平均利回り」のことを指します。



利回りと金利の違い

金利は、元本に対してどれだけ利子がつくかという割合のことで、お金を借りた側がお金を貸した側に支払う「借り賃」のことです。通常、金利は年一回どれだけの利子がつくかの「年利」で表示されます。

例えば、100万円を2年間、年利3%の金融商品で運用したとします。この金融商品は「年利3%」なので、元本に対して3%の利子がつくことになります。これが金利です。

次に利回りを計算してみます。

100万円を2年間、年利3%で運用しますので、
   100万円×(1+3%)×(1+3%)=1,060,900円
となります。この場合、2年間で利息が60,900円つくわけです。

利回りは、一年間の平均値ですので、60,900円を2(2年間)で割ります。
   60,900円÷2=30,450円

そして利回りは一年間の平均値を元本で割って利率を計算しますので、
   30,450円÷100万円×100=3.045%

となります。よって、この場合、年利は3%ですが利回りは3.045%ということになります。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース