本文へスキップ

SEC(証券取引委員会)とは

SEC(証券取引委員会)とは


SEC(証券取引委員会)とは

  • SEC(Securities and Exchange Commission)とは、米国の「証券取引委員会」のことで、1934年証券取引法に基づいて、十分な情報開示を促進し、証券市場での不正行為から一般投資家を保護することを目的に設立された連邦政府機関です。株式債券など証券取引における違法行為(インサイダー取引)を監視したり、証券取引法規を管理しています。
  • SECは、証券市場を発行・流通両面にわたり規制する強大な権限を持っており、州際取引と郵便で売り出される証券は全てSECに登録しなければならず、全米の全ての証券取引所、証券業協会、店頭市場、投資会社、投資顧問、ブローカーやディーラーなど、投資業務を営む個人や企業のほぼ全てが、SECの監督下にあります。



SECの規制

SECは証券市場への規制に強大な権限を持っているため、その規制の動向は注目されます。SECは、毎年年初に規制の優先順位を発表しており、市場への影響やリスクが高いものは規制の優先順位が高くなりやすいため注目されます。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース