本文へスキップ

CLS銀行

CLS銀行


CLS銀行とは

  • CLS銀行(Continuous Linked Settlement bank)とは、ヘルシュタット・リスク(決済リスク)を削減するために設立された銀行のことです。CLSとは、「国際連続同時為替決済」のことで、ヘルシュタット・リスクを削減するために外国為替取引の2通貨の同時決済を連続して行う仕組みのことです。2002年9月、CLS銀行は米ドル、ユーロ、日本円、英ポンド、スイスフラン、カナダドル、豪ドル等、主要17通貨の決済を取り扱っており、取り扱い通貨を発行する各中央銀行に口座を保有しています。各中央銀行の営業時間が重なる時間帯に、2通貨の同時決済を連続して行っています。CLS銀行は米国の決済専門の民間銀行です。



CLS銀行の利用するメリット

例えば、邦銀と海外の銀行がお金をやり取りする場合、相手方の金融機関が破綻してしまうと、日本と海外の時差で資金を回収できなくなる恐れがあります。こうした損失を防ぐために、時差に関係なく同時決済できるCLS銀行が利用されいます。金融庁も対策が十分でない金融機関にCLS銀行の利用を促しています。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース