本文へスキップ

節税売り(せつぜいうり)とは

節税売り(せつぜいうり)とは


節税売り(せつぜいうり)とは

  • 節税売り(せつぜいうり)とは、年間の実現益を少なくするために、含み損のある金融商品を年内に売ることです。例えば株式の場合、税金は売却益(キャピタルゲイン)に対してかかり、保有中で含み益または含み損がある株式には税金がかかりません。そこで、含み損のある株式を年内に売ってしまって、年間の実現益(実際に得た売却益)を減らし、税金を安くしようとする売りのことを「節税売り」といいます。税金は12月末の売却益に対してかかりますので、節税売りは12月に出やすい傾向があります。 節税売りは「節税対策売り」「年末の損出し売り」とも呼ばれます。



節税売りの影響

節税売りは12月に出やすい傾向があります。個人投資家の影響が大きいジャスダックの祖応対パフォーマンスでは、年終盤まで節税売りが出やすい傾向があるので注意が必要です。一方で、含み益がある株式については、利益確定による売りは年末に出にくい傾向があり、利益確定による売りは、年明けに集中しやすい傾向があります。これは、年内に利益確定をしてしまうと、年間の売却益が増加し、その分税金も多くかかってしまうからです。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース