本文へスキップ

目減り(めべり)とは

目減り(めべり)とは


目減り(めべり)とは

  • 目減り(めべり)とは、蒸発したりこぼれたりして、品物の目方が減ること、また、物の実質的な価値が低下することです。金融市場で後者のことを意味することが多いです。



目減り(めべり)のやさしい解説

供給より需要の方が多くなって物価が上昇すれば(これを「インフレーション」といいます)、銀行に預けている預金は「目減り」します。

インフレーションになると、その国の通貨価値が変わります、インフレーションとは、持続的な物価の上昇のことなので物を買うのにたくさんのお金が必要となります、ゆえに、その国の通貨価値は下がることになります。例えば、1年後に物価が2%上がれば、預金の100万円は2万円分(2%分)目減りしますので、それまでの98万円分の価値しかなくなってしまいます。これが「インフレーションによる預金の目減り」です。これは、預金でなくても手元の現金でも同じです。物価上昇で通貨価値が下がりますので、「お金の価値が下がる」のです。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース