本文へスキップ

NASD(全米証券業協会)とは

NASD(全米証券業協会)とは


NASD(全米証券業協会)とは

  • NASD(National Assoviation of Securities Dealers:全米証券業協会)とは、IBC(投資銀行協会)とSEC(証券取引委員会)が共同で出資し、マロニー法(1934年証券取引所法の修正法)を遵守するために設立した非営利組織のことです。店頭取引を行うすべての投資銀行、投資会社がNASDの会員となっています。



NASDの目的

NASDは、SECの監督下で運営されており、「証券取扱業務の標準化、証券取引におけるモラルと倫理基準の確立、共通の利益に関する問題を政府や投資家と協議するために機関の提供、証券取引の公平・構成な規則の確立と執行、これらの乗降を実施できる規制機関の設立」を目的としている組織です。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース