本文へスキップ

情報銀行とは

情報銀行とは


情報銀行とは

  • 情報銀行(じょうほうぎんこう)とは、日本政府が創設に向けて取り組みを本格化しているネット通販の購買履歴などの個人情報を一括管理し、企業の商品開発や勧誘に活用してもらう仕組みの民間サービスのことです。
    企業の商品開発や勧誘に活用してもらう仕組み
    企業の商品開発や勧誘に活用してもらう仕組み



情報銀行のメリットとデメリット

情報銀行の事業者はシステム会社や情報通信会社などが想定されており、企業や公共機関が保有する個人データを預かって、本人の同意を得て企業側に個人に関する情報やビッグデータを提供して手数料を得る仕組みが想定されています。政府は、情報提供者は自身の情報(SNSのプロフィル情報や健康データ、通販の購買履歴など)から情報提供してもよい内容や企業を選び、企業側は自社で収集した顧客情報や他社が持つ情報を活用することが可能になって個人の関心や嗜好により合ったきめ細かい商品やサービス情報を提供できるような構想を持っています。ゆえに、情報銀行は、個人情報の運用で個人にも企業にもメリットがある可能性があり、データ分析による取組みは世界的な潮流となっています。そのため、産業の競争力強化につなげたい考えもあるとされています。
一方で、個人情報の取扱いが懸念されており、2017年5月の改正個人情報保護法の全面施行で個人を特定できないように匿名に加工した情報であれば本人の同意なしで第三者が利用できるようになります。この際の本人の同意などの手続きは情報銀行が引き受けることになっています。これらのことから、今後、個人情報を流通させる際の環境整備が課題となっています。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース