本文へスキップ

模様眺めとは

模様眺めとは


模様眺めとは

  • 模様眺め(Wait and see)とは、相場の方向性や見通しがはっきりとしないために、投資家が売買を手控えている状態のことです。模様眺めは、空を眺めて外出するかどうかを決めかねている様子に例えてつけられた用語で、「様子見」とも呼ばれることがあります。



模様眺めの要因

株式為替は多くのイベントや経済指標景気、政策、社会情勢など様々な要因で相場が動き、また、値動きの大きいリスク資産でもあることから、相場に大きな流れが出るまで、または大きな資金の動きが出るまで、投資家は模様眺めをすることが多い傾向があります。投資家の多くは付和雷同で大きな流れや大きな資金の動きについていきやすい傾向があることから、模様眺めのムードは起こりやすいです。









姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース