本文へスキップ

ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)とは

ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)とは


ゴーイングコンサーン(継続企業の前提)とは

  • ゴーイングコンサーン(Going Concern:継続企業の前提)とは、企業会計などの前提条件の一つで、通常、企業というのは永遠に続くという前提のことです。この前提をもとに各制度が構築されています。



「継続企業の前提に関する疑義」とは

企業会計などでは、企業は永遠に続くことが前提となっていますが、業績が悪くなってその前提が危うくなってくると、決算で「継続企業の前提に関する疑義」が出されます。これは、債務の返済が困難になったり、不祥事や事故が起こって巨額の損害賠償の負担の可能性が出てきて、企業が自ら倒産する可能性があると認めている状態の時に出されるもので、経営者と監査法人とが検討して注意を促しているものです。倒産リスクが高まっていることを示します。




「継続企業に関する重要事象等」とは

継続企業に関する重要事象等とは、決算短信のリスク情報に記載されるもので、これは企業の努力次第で倒産リスクが回避できる可能性が残っている状態にある時に出されるものです。




「継続企業の前提に関する注記」とは

継続企業の前提に関する注記とは、決算短信に記載されることがあるもので、これは努力しても倒産リスクは回避できないであろう状態の時に出されるものです。この状態になると相当危ないことを示します。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース