本文へスキップ

フォワード取引とは

フォワード取引とは


フォワード取引とは




フォワード取引の特徴

フォワード取引は、相対取引で行われる取引で、実際に現物の受渡しが行われ、現物での決済が原則(証拠金不要)となっていますので、現物の相当額100%の資金が必要となります。また、相対であるため取引条件も自由に決められます。ただし、済期日前に反対取引をしようとしても、取引相手を見つけるのがむずかしいという短所があります。
フォワード取引は、例えば、輸入業者が為替をリスクヘッジしたい場合に利用されます。輸入業者が、例えば3カ月後に輸入代金を支払う場合、現時点でいくらの為替レートでその輸入品を購入するか(輸入代金を支払うか)を契約する取引です。つまり、現時点でドル円の為替レート「1ドル=100円」としてその輸入品を購入する契約をしたならば、3カ月後にドル円の為替レートが「1ドル=110円」になっていても、「1ドル=100円」として輸入代金を支払えばいい、という取引です。





先物取引との違い

フォワード取引は、先物取引と似ていますが、先物取引は取引所で取引される点と、原則として差金決済であり、一定の証拠金を預託する必要がある点で違いがあります。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース