本文へスキップ

カストディアンとは

カストディアンとは


カストディアンとは

  • カストディアン(custodian)とは、「資産管理銀行」とも呼ばれる、個人や機関投資家、年金基金、企業の株式債券など有価証券やその他資産を管理する銀行、あるいはその他の金融機関のことです。特に、国外の有価証券に投資する際に、現地で有価証券を管理する金融機関のことをいいます。



カストディアンの利用

例えば、海外の株式に投資する場合、購入した株式を日本で保管するとなると、輸送コストや保険などの問題や外為法の規制の問題が生じます。これを回避するために現地のカストディアンが一般的に利用されます。






カストディアンの業務とマイナス金利

カストディアンは、決済(金銭等によって支払いを行って取引を終了させること)や配当金元利金の受領、議決権の行使、運用報告書の作成などの事務を投資家に代わって行っています。日本では、信託銀行や都市銀行がこの業務を行っており、収益は安定しているものの、近年はマイナス金利政策の影響で余剰資金の運用悪化が懸念されています。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース