本文へスキップ

狼狽売り(ろうばいうり)とは

狼狽売り(ろうばいうり)とは


狼狽売り(ろうばいうり)とは

  • 狼狽売り(ろうばいうり)とは、予想外の出来事が起こって株価が急落した際、投資家が慌てふためいて保有株を売ることです。予想外の出来事が起こって先行きが見通せない状況になった場合は、一旦リスクを回避したいという投資家心理が働くため狼狽売りが出やすくなります。



スタンピード現象が起こりやすくなる

予想外の出来事が起こった場合、金融市場ではスタンピード現象が起こりやすくなります。スタンピード現象とは、あるキッカケを機に、群衆が一気に一方向へ流れる突発的な行動で、パニック状態で大挙して逃げたり押し寄せたりする現象です。株式はリスク資産であるため、スタンピード現象は起こりやすいです。そのため、株価急落時は実際には企業業績や経済の環境に悪影響を及ぼす出来事でなかったとしても、投資家の心理はパニック状態に陥りやすく、スタンピード現象が起こって売りが売りを呼ぶ展開となり、必要以上に株価が下落する状況となりやすいので注意が必要です。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース