本文へスキップ

長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)とは

長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)とは


長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)とは

  • 長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)とは、金融市場調節によって長期金利短期金利の操作を行うことです。

    長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)は、日本銀行が「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」」として導入した金融政策で、毎回の日銀金融政策決定会合で決定・公表する金融市場調節方針において日銀当座預金(日本銀行当座預金)に適用する短期金利、及び日本10年国債金利の操作目標の2つの金利水準が示されます。日本銀行の国債買い入れは、買い入れ額のメドを示した上で長期金利の操作方針を実現するように運営されます。具体的には短期金利は日銀当座預金のうち政策金利残高にマイナス金利を適用、長期金利は10年物国債金利がゼロ%程度で推移するように長期国債の買い入れを行う、といったもので、主として政策金利残高に対するマイナス金利の適用と長期国債の買入れで行うものとしています。

    イールドカーブは、通常は期間の短い金利が低く、期間の長い金利は高いので右肩上がりとなりますが、日本銀行による金融緩和でイールドカーブがフラット化したため、長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)を行って、イールドカーブを立たせることを狙いとしています。



新型のオペレーションの導入

この長短金利操作(イールドカーブ・コントロール)を行うにあたって、新型のオペレーションの導入も決定されました。

  • 指値オペ(日本銀行が指定する利回りによる国債買入れ)
  • 固定金利の資金供給オペレーションを行うことができる期間を1年から10年に延長する



関連記事






姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース