本文へスキップ

金融引き締めとは(影響とリスク)

金融引き締めとは(影響とリスク)


金融引き締めとは

  • 金融引き締め(きんゆうひきしめ)とは、景気や不動産価格が過熱した局面で、物価上昇(インフレ)抑制などを目的に、中央銀行利上げ政策金利の引上げ)を行ったり保有資産を縮小することです。



金融引き締めの目的と狙い

中央銀行は、景気が悪い時には利下げ(政策金利の引下げ)を行って企業向けの融資や住宅ローンを刺激したり、中央銀行の保有資産を拡大させてマネーストック(通貨供給量)を増加させる金融政策を行いますが、金融引き締めはこの逆で、金利を上昇させてインフレやバブルになることを抑制するといった逆の効果を狙う政策です。





影響とリスク

金融引き締めは、金利を上昇させてインフレやバブルになることを抑制する政策ですが、一方で、急速な金融引き締めは、金利上昇による通貨高を引き起こす恐れがあります。さらに市中金利(市場の金利)は、上昇し始めたら歯止めをかけるのが難しいリスクがあり、先進国の金融引き締めは回復途上にある国の景気や物価を腰折れさせるリスクもあります。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース