本文へスキップ

FRB議長の議会証言とは(米国)

FRB議長の議会証言とは(米国)


FRB議長の議会証言とは




FRB議長の議会証言の内容と特徴

FRB議長の議会証言は、約3時間行われます。FRB議長が経済の状況について説明するほか、金融政策の方針について説明します。その後、議員たちの質問に答えていきます。FRB議長の議会証言は、金融政策の舵取りを任されているFRB議長が、議会と国民に対して、金融政策の説明責任を果たす場となっています(FRBは、1999年2月のFOMC(連邦公開市場委員会)の声明文で、報告や証言は議会と国民に対して説明責任を果たす上で効果的な手段になっている、としています)。

また、1977年にFRBに2つの使命を課す「連邦準備改革法」が成立し、FRBの使命は「雇用の最大化」と「物価の安定」となりましたが、議会証言は、FRBがその使命に基づいて金融政策を行っているかを確認する場ともなっています。

FRB議長の議会証言は、上下両院で行われますが、特に上院は金融政策に詳しい人物が多いとされているため、質問は厳しいものとなりやすく、その質疑応答は市場からの注目度が高いです。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース