本文へスキップ

USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)とは

USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)とは


USMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)とは

  • USMCA(the United States Mexico Canada Agreement:米国・メキシコ・カナダ協定)とは、NAFTA(北米自由貿易協定)の見直しで合意した新しい協定のことです。域内貿易規模は年間1兆ドル規模。 NAFTAと比較して、「Free Trade」という文言が外されたのが大きな特徴です。



トランプ政権は、通商政策において、悪い貿易協定をだたすとしてNAFTA見直しを求め、2018年8月にメキシコとNAFTA見直しで合意、2018年9月には、カナダともNAFTA見直しで合意し、NAFTAを新協定「USMCA」に切り替えることで合意しました。USMCAは、2018年11月末までに、米国・メキシコ・カナダの3カ国の首脳が署名し、各国議会に提出する計画となっています。

米国当局者は、自動車の原産地規則の厳格化や乳製品の市場開放で再調整することを強調し、デジタル分野や知的財産に関する条項を追加してNAFTAが対象としていたものを近代化すると述べています。

USTR(米国通商代表部)が公表したUSMCAの条文や付属文書によれば、トランプ政権は、自動車への25%の追加関税の適用除外要件を明記し、カナダ、メキシコからの乗用車輸入にそれぞれ年260万台の数量枠を設け(数量規制)、枠内であれば高関税を課さないとし、小型トラックは輸入制限の対象から外すとしています。自動車部品もカナダに年324億ドル、メキシコに年1080億ドルの輸入枠を設けています。
自動車の米国への無税の輸出の条件としては、域内での部品調達率(原産地比率)を現行の62.5%から75%に引き上げ、時給16ドル以上の高賃金の労働者による生産比率(40-45%)などの要件を満たす必要がある。
乳製品は、カナダが国内市場保護策の一部廃止、米国向けに粉ミルクやチーズなどを低関税で輸入できる割当枠も再設定する。また、相手国の通貨安誘導を防ぐ「為替条項」も導入される内容。
USMCAは、16年間有効で、発効後、原則として6年ごとに再検討し、各国が次の16年間の更新意思を示さないと失効する「サンセット条項」も盛り込まれる。
なお、USMCAには米鉄鋼・アルミニウム関税のカナダ適用停止は含まれていない。




USMCA署名

2018年11月30日、米国・カナダ・メキシコの3各国は、USMCAに署名。自動車の対米輸出に数量規制を導入し、域内の部品調達比率を高めることも決定。また、相手国の通貨安誘導を防ぐため「為替介入を含む競争的な通貨切り下げを自制する」とも明記され、米国は貿易赤字を理由に相手国通貨の切り上げを促せる。ただ、3ヵ国は、鉄鋼関税では対立してる。署名の前にカナダとメキシコは、米国が課す鉄鋼とアルミニウムへの高関税撤廃を要求しており、USMCAの発効は先延ばしになる可能性もある。









※その他「政策」に関する記事は以下。




経済政策




金融政策



中央銀行



BIS


世界銀行


G7・G20


FSB


EMEAP


銀行間決済


金融政策



目標


金融改革




財政政策





為替政策





為替報告書




組み合せ政策





通商政策










関税


租税

その他


機関


法案




その他







経済・安保協議



ブレグジット


温暖化対策


第4次産業革命


中国


IoT


医療保険改革


その他の機関・組織






姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!




バナースペース