本文へスキップ

灰色のサイとは

灰色のサイとは




灰色のサイとは

  • 灰色のサイとは、市場において、将来起こる確率が高いものの、誰も何もできずに見ているしかない潜在的リスクのことです。

「灰色のサイ」は、2013年のダボス会議で米国の作家・政策アナリストであるミシェル・ワッカー氏(Michele Wucker)が提起したもので、サイは体は大きくて普段は大人しいが、いったん暴走し始めると誰も手を付けられなくなることから例えられました。




ブラックスワンとの違い

「灰色サイ」とよく対比される用語として「ブラックスワン」があります。

ブラックスワン(black swan)とは、これまでのデータや経験からは予測できなかったことが起こって、金融市場が強い衝撃(被害)を受ける事象のことをいいます。つまり、リーマンショックのように滅多に起こらないが、いったん起これば極めて大きな影響を及ぼす現象のことをいい、「灰色サイ」は、将来起こる確率が高いものの、軽視されている潜在的なリスクや材料のことをいいます。

中国のシャドーバンキング(影の銀行)や地方政府の巨額債務問題が「灰色のサイ」として例えられることが多いです。






関連記事









※その他「用語」に関する記事は以下。








































姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!



バナースペース