本文へスキップ

仕手株(してかぶ)とは

仕手株(してかぶ)とは


仕手株とは

  • 仕手株(してかぶ:speculative stocks)とは、株価に影響する材料がないにも関わらず、投機目的で集中的に大量売買されて株価が吊り上げられるなど、意図的に株価が操作されているような銘柄のことです。



仕手とは

  • 仕手(して)とは、意図的に株価を操作する大量の売買を繰り返すことをいいます。また、特定の銘柄をしてかする投資家を「仕手筋(してすじ)」といいます。



どんな株が仕手株になりやすい?

仕手株は、業績の裏付けや財務内容など、特定の理由がないにも拘わらず、本質的価値以上に株価が吊り上げられ、出来高(できだか)を伴った上昇を見せるので投資家の注目を集めます。注目を集めて一般の投資家の買い需要を煽り、株価がさらに上昇した所で大量に売られるという動きをしやすい傾向があります。

(一般の投資家の買い需要が煽られて株価が上がることを「提灯(ちょうちん)がついた」といいます。)

仕手株になりやすいのは、出来高が少なく、大量の注文で株価が動きやすい小型株に多い傾向があります。








※その他「用語」に関する記事は以下。








































姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!


バナースペース