本文へスキップ

換金売りとは

換金売りとは


換金売りとは

  • 換金売り(かんきんうり:realizing)とは、保有している株式などを売却して現金化することです。



換金売りはいつ出やすい?

市場で換金売りが出やすいのは、投資家心理が悪化した時や、不透明な材料が出た時、大きなイベント前、連休前などで出やすいです。

株式を売りたいという強い理由がない場合でも、将来のリスクを予測して、資産目減り(めべり)を警戒し、現金化しておきたい投資家が多くなれば、換金売りが増えます。また、年末年始や、ゴールデンウィーク、シルバーウィークなど、大型連休中に大きな悪材料が出ても、保有株を売ることができないため、大型連休前に換金売りが増えることもあります。また、選挙や中央銀行金融政策変更など、判断が難しいイベント前も換金売りが増えやすく、大規模なIPOが控えている時も、その買い付け代金を確保するために換金売りが多くなることがあります。




換金売りが多い場合

投資家が換金売りを急ぐ時は、株価の水準に関係なく、また、ファンダメンタルズや株価の割高・割安に関係なく現金を確保しておきたい心理が働いているため、株価の下落が大きくなりやすいです。








※その他「用語」に関する記事は以下。








































姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略ブログ

サイト運営者の日々の相場に関するコメントをブログで。
スマホの方はこちら→http://kabusoba.webcrow.jp/sp/blog.html


バナースペース