本文へスキップ

上昇フラッグ型・下降フラッグ型の見方

上昇フラッグ型・下降フラッグ型の見方


上昇フラッグ型とは


上昇フラッグ型とは、大陽線を付けた後、上値が切り下がるレジスタンスラインと下値が切り下がるサポートラインの中で価格がもみ合う型のことです。買いのポイントとしては、価格がレジスタンスラインを上抜けた所となりますが、上昇フラッグ型の場合は一時的な上昇となりやすいので、短期売買向きの型となります。上値はあまり期待できない型です。

  • 上昇フラッグ型は、1-3週間程度の上昇トレンド中の揉み合い期間です。トレンドの休止期間を示す型であるため価格はその後、以前のトレンドと同じ方向に動く可能性が高いとされています。
  • 上昇フラッグ型でも、価格がサポートラインを下抜ける場合があります。その場合は、下抜けたことの方がより重要な意味を持つため下落が続きやすい傾向があり、 相場反転の可能性が高まります。




下降フラッグ型とは


下降フラッグ型とは、大陰線を付けた後、上値が切り上がるレジスタンスラインと下値が切り上がるサポートラインの中で価格がもみ合う型のことです。下降フラッグ型は、いずれサポートラインを下抜ける可能性が高く、その後下降トレンドが続きやすいので注意が必要です。下降フラッグ型は、一見すると価格が上昇トレンドを描いているように見えるので注意が必要です。

  • 下降フラッグ型は、1-3週間程度の下降トレンド中の揉み合い期間です。トレンドの休止期間を示す型であるため価格はその後、以前のトレンドと同じ方向に動く可能性が高いとされています。
  • 下降フラッグ型でも、価格がレジスタンスラインを上抜ける場合があります。その場合は、上抜けたことの方がより重要な意味を持つため上昇が続きやすい傾向があり、 相場反転の可能性が高まります。
  • サポートラインとレジスタンスラインラインの引き方については「サポートラインとレジスタンスラインの引き方」のページを参照してください。




フラッグ型関連記事




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース