本文へスキップ

ボックス相場(レンジ相場)の見方

ボックス相場(レンジ相場)の見方


ボックス相場(レンジ相場)とは


ボックス相場とは、一定の範囲内(レンジ)で株価がもみ合っている型のものです。レンジ相場と呼ばれることもあります。ボックス相場は、レジスタンスラインサポートラインが水平に近い型になっているのが特徴です。

ボックス相場は、買いも売りも材料がない場合に出やすい型で、一定の範囲内(レンジ)で株価が推移するので、買いのポイントと売りのポイントはわかりやすいです。株価がサポートラインに達すれば買い、レジスタンスラインに達すれば売り、と判断するといいでしょう。ただし、ボックス相場はサポートラインを下抜けたり、レジスタンスラインを上抜けることがあります。その際は、買いの場合はサポートラインが損切りラインとなり、売りの場合はレジスタンスラインが損切りラインとなります。

ボックス相場の場合は、ひとたび株価がボックスの範囲内から抜ければ、抜けた方向にトレンドを作りやすくなります。株価がサポートラインを下抜ければ下落トレンド入り、レジスタンスラインを上抜ければ上昇トレンド入りと判断するのが一般的です。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース