本文へスキップ

フラッグ型のだまし

フラッグ型のだまし


フラッグ型とは

フラッグ型には、「上昇フラッグ型」と「下降フラッグ型」があります。


「上昇フラッグ型」




「下降フラッグ型」



「上昇フラッグ型」と「下降フラッグ型」の詳しい解説は「上昇フラッグ型・下降フラッグ型の見方」を参照してください。





フラッグ型のだまし

フラッグ型は、チャート上でそれが形成される前のトレンドと同じ方向に価格がブレイクアウトするのが一般的です。というのも、フラッグ型というのはそれまでのトレンド中の揉み合い期間で、トレンドの休止期間を示す型であるため価格はその後、以前のトレンドと同じ方向に動く可能性が高いとされています。例えば、上昇フラッグ型であれば、1-3週間程度の上昇トレンド中の揉み合い期間となります。よって、フラッグ型の中で価格が揉み合った後には、以前のトレンドと同じ方向に価格がブレイクアウトしやすいです。

これらのことから、フラッグ型の形成の後に以前のトレンドとは違う方向に価格がブレイクアウトすれば、それがフラッグ型の「だましシグナル」となります。例えば、上昇フラッグ型であれば、上昇フラッグ型の後に価格が下方向にブレイクアウトした場合、下降フラッグ型であれば、下降フラッグ型の後に価格が上方向にブレイクアウトした場合が「だましシグナル」となります。

この「だましシグナル」は、フラッグ型の反対側のトレンドラインを価格が抜いてこない限りは有効となります。すなわち、上昇フラッグ型で価格が下方向にブレイクアウトした場合は、上昇フラッグ型の上のトレンドラインレジスタンスライン)を価格が上抜いてこない限りは有効です。下降フラッグ型で価格が上方向にブレイクアウトした場合は、下降フラッグ型の下のトレンドラインを価格が抜いてこない限りは有効となります。





フラッグ型がだましになった場合どうなる?

フラッグ型で期待とは逆方向に価格がブレイクアウトする上記の「だましシグナル」が出た場合、一般的に価格はブレイクアウトした方向にトレンドが出やすくなります。大きなトレンド反転のシグナルとなることもあります。ただし、必ずトレンド反転のシグナルとなるわけではないため、上記の「フラッグ型の反対側のトレンドラインを価格が抜いてこない限りは有効」として相場を見ておくべきでしょう。もし、「フラッグ型の反対側のトレンドラインを価格が抜いてきた場合」は、フラッグ型のだましシグナルが「だましシグナル」となったと解釈できます。




フラッグ型関連記事




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース