本文へスキップ

フィボナッチ数列とは(見方と使い方)

フィボナッチ数列とは(見方と使い方)


フィボナッチ数列とは

  • フィボナッチ数列とは、13世紀にイタリアの数学者であるレオナルド・フィボナッチが考案した数列です。

    0,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,144,233,377,610,987・・・

    上記のように、どの数も直前2つの数の和となっている数列です。例えば「8」であれは、その直前の「3」と「5」の和となっており、「55」であれば、その直前の「21」と「34」の和となっています。こういった数列が無限に続いていきます。



黄金比とフィボナッチ数列の特徴

フィボナッチ数列の大きな特徴は、隣り合う数の比が黄金比(ゴールデン・レシオ)に近くなるということです。上位の数をすぐ下位の数で割ると「1.618」の黄金比に近づきます。例えば、「55」と「34」の場合であれば「55÷34=1.61764」、「89」と「55」の場合であれば「89÷55=1.61818」となり、黄金比の近似値である「1.618」に近づいていくのが特徴です。また、

  • 下位の数を上位の数で割ると「0.618」に近づく
  • 下位の数を上位2つの数で割ると「0.382」に近づく
  • 上位の数を下位2の数で割ると「2.618」に近づく

という特徴もあります。





フィボナッチ数列の使い方

フィボナッチ数列は、相場において「価格」と「時間」を分析する際に使われることが多いです。
「価格」を分析する際に使われる代表は「フィボナッチ・リトレースメント」です(解説はリンク先を参照)。
「時間」を分析する際に使われるのは、フィボナッチ数列を重要な相場の転換点として、5日目や8日目などフィボナッチ数列をを日柄に当てはめる方法があります。フィボナッチ数列に該当する日が相場の節目になりやすいと見る方法となります。




フィボナッチ数列によるテクニカル分析

フィボナッチ数列を使ったテクニカル分析は以下のようなものがあります。


この中でよく利用されるのは、「フィボナッチ・リトレースメント 」と「フィボナッチ・エクスパンション 」です。




フィボナッチ計算器


フィボナッチ計算器はInvesting.com 日本 によって機能されている



関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース