本文へスキップ

買い時と売り時(移動平均線の具体的な使い方@)

買い時と売り時(移動平均線の具体的な使い方@)


代表的な移動平均線の種類

前ページ「どの移動平均線を見ればいい?移動平均線の見方」で紹介した各移動平均線について、その具体的な使い方と見方について解説します。

  • 日足チャート
    5日移動平均線:1週間の平均線
    25日移動平均線:1カ月の平均線
    75日移動平均線:3カ月の平均線
  • 週足チャート
    13週移動平均線:3カ月の平均線
    26週移動平均線:半年の平均線
    52週移動平均線:1年の移動平均線
  • 見ておきたい移動平均線
    10日移動平均線
    50日移動平均線
    100日移動平均線
    200日移動平均線

株式市場は土日は休みなので取引されるのは1週間で5営業日となります。よって、株式市場では「1週間」を「5日」で考えます。






短期線・中期線・長期線

ここでは日足チャートに絞って解説します。考え方は週足でも月足でも同じなので参考にしてください。

日足チャートでは、5日移動平均線(以下「5日線」)、25日移動平均線(以下「25日線」)、75日移動平均線(以下「75日線」)が代表的に見られる移動平均線で、5日線は「短期線」、25日線は「中期線」、75日線は「長期線」と言われます。



移動平均線は長い期間の平均値である方が信頼度は上がりますので、長期線が一番信頼のおける移動平均線となります。ここでは75日線を長期線としているので、日足チャートでは75日線が一番信頼できる移動平均線となります。75日線は比較的意識されやすい移動平均線です。というのも、75日線は3カ月の平均線だからです。株式市場は3カ月単位で相場を考えるのに適しています(外部要因を除けば)。というのも、企業決算が四半期ごとに発表されるからです。企業決算を先読みする形で、もしくは企業決算を受けて相場は作られやすいので75日線は自然と重要視されるのです。ただし、75日線は3カ月の平均線であるため反応が鈍い移動平均線です。逆に短期線である5日線は、信頼度は劣りますが価格への反応が早い移動平均線ですので、それぞれの特徴をまず掴んでおくことが大切です。




移動平均線の具体的な使い方@

さて、いよいよ移動平均線の具体的な使い方について基本から解説します。
移動平均線の基本的な使い方は非常に簡単です。移動平均線とは一定期間における価格の平均値を線で結んだものですので、その一定期間においては移動平均線の位置が価格のフェアバリュー(適正価格)となります。ですので、移動平均線より価格が大きく上に乖離していれば、フェアバリューより高い価格となっていることを示しますので、この場合は売りを考える所となります。逆に移動平均線より価格が大きく下に乖離していれば、フェアバリューより安い価格となっていることを示しますので、この場合は買いを考える所となります。これは「価格は移動平均線に収束する」という移動平均線の特徴を使った売買方法となります。移動平均線は一定期間の価格の平均値ですので、価格は移動平均線近辺で推移するのが一番心地いいのです。価格が移動平均線より乖離してしまったら心地いい状態ではなくなりますので価格は移動平均線に戻りやすくなります。移動平均線のその特徴を使うのが移動平均線の基本的な使い方となります。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース