本文へスキップ

RSIとは(見方と使い方)

RSIとは(見方と使い方)


RSIとは




RSIの特徴

RSIは、1978年にウェルズ・ワイルダー・ジュニアが著書「ワイルダーのテクニカル分析入門」で紹介したもので、相場平穏時(揉み合い相場)に逆張りをする際に向くテクニカル指標である一方、強いトレンドが出ている時や変動率が激しい時は通用しないテクニカル指標でもあります。モメンタム(テクニカル指標)とは違い、買われ過ぎ・売られ過ぎのレベルに固定した上限と下限があるのが特徴です。





RSIの見方と使い方

RSIは、70%以上で買われ過ぎ、30%以下で売られ過ぎ、と判断されます。ただし、これはあくまで目安となります。実際に売買する際は、精度をさらに高めるために80%以上で買われ過ぎ、20%以下で売られ過ぎ、とする場合もあります。




RSIの設定

RSIの計算日数は、14日が基準となりますが、14日ではシグナルが出にくい場合もありますので、その場合は、10日に設定すれば比較的シグナルは出やすくなります。ただし、日数を小さくすれば「だまし」も多くなるので注意が必要です。





RSIの計算式

  • RSI=100-(100÷(1+RS))

    RS(相対力)=計算期間の値上がり幅の平均÷計算期間の値下がり幅の平均値



RSIの計算式の解説

「値上がり幅」と「値下がり幅」は1日のモメンタムの計算である終値から終値への価格変化の絶対値です。例えば、今日の終値が昨日の終値より高ければ、今日は上昇日であり、その終値の差がその日の値上がり幅となります。逆に安ければ、今日は下落日であり、その終値の差がその日の値下り幅となります。

「14日のRSI」というのは、14日間の「値上がり幅の平均値÷値下がり幅の平均値」となりますが、もし14日間に9回の上昇日と5回の下落日があったとすれば、9回の上昇の総計は14で割られ、5回の下落の総計も14で割られます。ポイントとなるのは、下落日も絶対値が使われるのでマイナスとはならないことです。すなわち、下落日の値上がり幅は0、上昇日の値下り幅は0となります。




テクニカル指標








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース