本文へスキップ

スイングトレードとは

スイングトレードとは


スイングトレードとは

  • スイングトレードとは、数日から1週間程度で売買を完結させる投資スタイルのことです。スイングトレードは、持株の保有期間は短いですが、日本の株式市場は「世界景気敏感株」と呼ばれるほど世界の金融市場の環境変化の影響を受けやすい市場であるため、世界の市場動向も把握する必要があるトレードです。



スイングトレードでよく使われるチャート

スイングトレードでは、週足や日足で直近のトレンドや大まかな売買タイミングを図って、細かな売買タイミングは、5分足や15分足を用いることが多いです。


参考ページ





銘柄選び

スイングトレードは、持株の保有期間が短いトレードであるため、流動性のある銘柄が適しています。ゆえに、出来高が低い銘柄への投資は避けた方がいいでしょう。万が一の時に売り抜けれない可能性がありますので、出来高が多く時価総額の多い銘柄がリスクが少ないと言えます。ボックス相場になっている銘柄や三角持ち合いになっている銘柄が比較的良い傾向があります。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース