本文へスキップ

寄り底(よりぞこ)とは

寄り底(よりぞこ)とは


寄り底(よりぞこ)とは




寄り底の特徴とその後への影響

安値とは、一定の期間中の取引の中でついたもっとも安い価格のことです。「一定の期間」を1日とするならば、1日の取引の中でついたもっとも安い価格のことをいいます。
安値が寄付きでつく「寄り底」は、その価格で買いたい投資家が多かったことを示します。ゆえに、その価格が相場の節(ふし)となりやすい傾向があります。違う言い方をすれば、そこが一定の下値メドとして捉えられやすくなると言うことができます。
ただし、気を付けておかなければならないのは、もしその安値を株価が下抜けてしまったら、下げは加速することになります。「ここが節ではなかったんだ」と思った投資家が、これ以上下がったらたまったもんじゃない!と持っている株を売ってきますので、節の価格を株価が割ると相場が割れた方向に加速して進んでしまうので注意が必要です。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース