本文へスキップ

上昇トレンドを見極める(移動平均線の具体的な使い方C)

上昇トレンドを見極める(移動平均線の具体的な使い方C)


移動平均線の具体的な使い方C

移動平均線は、株価のトレンドや株価の転換点を見る際にも使われます。その具体的な方法を紹介しますが、その前によく使われる移動平均線の種類をおさらいしておきます。




代表的な移動平均線の種類

  • 日足チャートの場合
    5日移動平均線:1週間の平均線
    25日移動平均線:1カ月の平均線
    75日移動平均線:3カ月の平均線
  • 週足チャートの場合
    13週移動平均線:3カ月の平均線
    26週移動平均線:半年の平均線
    52週移動平均線:1年の移動平均線
  • 見ておきたい移動平均線
    10日移動平均線
    50日移動平均線
    100日移動平均線
    200日移動平均線





株価のトレンドを見る方法

日足チャートを例にとって解説します。
日足チャートでは、5日移動平均線(以下「5日線」)、25日移動平均線(以下「25日線」)、75日移動平均線(以下「75日線」)が代表的に見られる移動平均線で、5日線は「短期線」、25日線は「中期線」、75日線は「長期線」と言われます。



移動平均線で株価のトレンドを見るには、この5日線や25日線、75日線が右肩上がりなのか右肩下がりなのかを見て判断します。これらの移動平均線が右肩上がりであれば上昇トレンド、右肩下がりであれば下落トレンドとなります。またそれらは細かく細分化して見ることもあります。例えば、5日線だけ右肩下がりで25日線と75日線が右肩上がりであれば、短期的には下落トレンドで中長期的には上昇トレンドが続いている、と見ます。移動平均線で株価のトレンドを確認するには、そういった見方をするのが一般的です。

ただし、ここで気を付けておかなければならないのは、「株価は常に移動平均線に先行する」ということです。要するに、株価はすでに下落トレンド入りしているのに、移動平均線はまだ上昇トレンドを示している、といったことが起こるのです。移動平均線は一定期間における株価の平均値を線で結んだものですので、その現象は仕方のないものです。株価が短期的な調整で下落しているだけなのか、本格的に下落トレンドに入ったかはその銘柄固有の問題や外部環境を精査した上で判断しなければなりません。そこが移動平均線でトレンドをはかる際に難点となる所なのですが、一つ使える移動平均線があるのでここで紹介しておきます。それは10日移動平均線です。




10日移動平均線の使い方




10日移動平均線(以下「10日線」)は、基本的に順張り(相場の流れに逆らわない買い方もしくは売り方)で役立つ移動平均線です。10日線は上昇基調にある銘柄を順張りする時に有効化しやすい移動平均線です。

基本的な使い方はこうです。

ー10日線を割らずに上昇基調が続いている銘柄に順張りするー

10日線を使った順張りでは、10日線を割った時点が上昇トレンド終了となり、そこが損切りラインとなります。要するに、10日線の上に株価がある限り上昇トレンドは継続していると見るのです。短期的な上昇トレンドに乗るには有効な手段の一つとなります。

というのも、10日線は2週間の平均線です。日足チャートで代表的に使われるのは5日線(1週間の平均線)なので、5日線は株価との連動性が高すぎて、上昇トレンドが継続していても株価はしょっちゅう5日線を割り込んでしまい、精度としてはかなり劣ります。10日線もかなり短い期間の移動平均線なのですが、短期売買をする海外投資家は10日線を見ていることが多く、10日線より上に株価がある時は買い出動しやすく、10日線を割れば逃げやすい傾向がありますので、短期的に値幅を取りたい場合は参考にしてみてもいい移動平均線です。また、信頼度の観点から「10日線など信用できない」といった場合でも、一応チェック項目として表示させておいてもいい移動平均線ではないかと思います。




関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース