本文へスキップ

ゴールデンクロスとデッドクロスを見る際の注意点

ゴールデンクロスとデッドクロスを見る際の注意点


ゴールデンクロスとデッドクロスを見る際の注意点


  • ゴールデンクロスとは、下降トレンドにあった価格が上昇し、その価格に追随した期間の短い移動平均線が期間の長い移動平均線を上抜いた状態のことをいいます。要するに、短期線が中期線上抜いたり、中期線が長期線を上抜いたりすることです。



  • デッドクロスとは、デッドクロスとは、上昇トレンドにあった価格が下落し、その価格に追随した期間の短い移動平均線が期間の長い移動平均線を下抜いた状態のことをいいます。要するに、短期線が中期線を下抜いたり、中期線が長期線を下抜いたりすることです。





ゴールデンクロスやデッドクロスは、移動平均線を使ったトレンド分析です。移動平均線は一定期間の価格(終値)の平均値を線で結んだものなので、移動平均線の動きは価格の動きに遅行します。よって、移動平均線がトレンド転換する時というのは、それより前に価格はトレンド転換しているのです。このため、相場転換の初動でその株式を仕込んでいた投資家は、ゴールデンクロスした所を売りの急所に、デッドクロスした所が買いの急所にすることがあります。これが「だまし」です。

例えば、既に相場転換の初動でその株式を大量に仕込めていた投資家はこう考えます。
ゴールデンクロスが出れば「ゴールデンクロスが出たから上昇トレンドへの転換だ。価格が上がるだろうから買うぞ」という投資家が増えることを知っているので、ここで初動で仕込んでおいた大量の株式を売ろうと考えます。よって、ゴールデンクロスが売りの急所となってしまうことがあるのです。

相場転換の初動や安値圏で大量の株式を仕込んでいる投資家は、その大量の株式を売りさばくだけの買い需要を欲しています。ゴールデンクロスの出現によって他の投資家の買い需要が集まれば、そこがその投資家にとってのいい売り場となってしまい、ゴールデンクロスが出たにも関わらず価格が下落する、といったことも多々ありますので注意が必要です(デッドクロスの場合はこの逆のことが言えます)。

ゴールデンクロスやデッドクロスは、価格にトレンドが完全に出た後で出現するので相場転換のシグナルが出るのが遅いです。よって、相場転換のシグナルを見るには、ゴールデンクロスやデッドクロスより先に相場転換のシグナルが出るMACDが有効となる場合があります。よって、相場転換のシグナルを見つけるには、ゴールデンクロスやデッドクロスだけで判断するのではなく、MACDなど他の指標と合わせて総合的に判断する必要があります








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース