本文へスキップ

三段高下の法則とは

三段高下の法則とは


三段高下の法則とは


  • 三段高下の法則とは、上昇相場は3つの上昇波と2つの調整安の波で形成され、下落相場は3つの下落波と2つの調整高の波が形成されるという相場の波動理論の一種です。



三段高下の法則の見方と特徴

上昇相場(3つの上昇波と2つの調整安の波)
三段目の上昇波が天井となるのが特徴です。1つ目の調整安の下落より2つ目の調整安の下落の方が小さくなりやすい。
下落相場(3つの下落波と2つの調整高の波)
1つ目の調整高の上昇より2つ目の調整高の上昇の方が小さくなりやすい。三段目の下落波で大底となりやすい。




三段高下の法則を見る際の注意点

三段高下の法則は、期間の長いチャートで見る方が信頼度の高まる法則です。日足より週足、週足より月足と期間が長くなればなるほど信頼度が高まります。また、期間の短いチャートと期間の長いチャートでは、三段高下の法則の見え方が違う点も注意が必要です。

例えば、日足で上図のような綺麗な三段高下の法則の形を作っている銘柄があったとします。そしてその銘柄はすでに三段高下の法則で見ると天井を打っていたとします。その場合、もう上昇相場は終わったな、売り仕掛けよう、と判断してしまいそうになりますが、週足で見たらまだ三段高下の法則の上昇相場の一段目、といったこともありますので、三段高下の法則でチャートを見る場合は期間の長いチャートも合わせて見て現在の株価の位置関係を把握するのが大切です。また、三段高下の法則を信じ込んで相場を見るのは避けましょう。必ずこの法則が当てはまるといったものではありませんし、三段が二段になる場合もあります。業績や外部環境次第で相場は大きく崩れることがありますので、あくまで波動理論の一種と捉え、適宜相場に対応できる柔軟性をもって判断することが大切です。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース