本文へスキップ

ラウンドボトム(鍋底)のだまし

ラウンドボトム(鍋底)のだまし


ラウンドボトム(鍋底)


  • ラウンドボトムは、「鍋底」とも呼ばれる、鍋底のような型のチャートパターンのことです。

    ラウンドボトムは、底値圏で小さな値動きで滑らかな曲線を描きながら少しずつ下落し、その後、持ち合い(保ち合い)相場のようになって平らに近い形となって底値をつけ、その後、少しずつ上昇していくチャートパターンです。底値近辺で出来高が増加しやすい傾向があります。少しずつ緩やかに価格変動しながらトレンド転換するチャートパターンで、買いポイントは、明確に定義できるものはありませんが、底値圏で出来高がピークに達した所、または鍋底が形成された高値(ネックライン)を上抜けた所とするのが一般的です。

    ラウンドボトムは、頻繁に出現するものではありませんが、最も信頼できる底形成のチャートパターンとして知られています。




ラウンドボトム(鍋底)のだまし

ラウンドボトム(鍋底)は、最も信頼できる底形成のチャートパターンとされていますが、意に反してラウンドボトムの型を価格が抜いてくることがあります。これを「ラウンドボトム(鍋底)のだまし」といいます。

黒線はラウンドボトムの型を示しており、赤線はラウンドボトムを形成した後の価格の動きを示しています。価格がラウンドボトムの型を崩した時、すなわち、緑の点線を価格が抜いた時にラウンドボトムは否定されたことになり、ラウンドボトムの底形成がだましとなったと考えることができます。この場合、弱気シグナルとなりさらに価格が下落する確率が高まるとされています。





関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース