本文へスキップ

ボックス相場(レンジ相場)の損切りポイント

ボックス相場(レンジ相場)の損切りポイント


ボックス相場(レンジ相場)


ボックス相場(レンジ相場)とは、一定の範囲内(レンジ)で価格がもみ合っている型のものです。レジスタンスラインサポートラインが水平に近い型になっているのが特徴で、一般的に相場はレンジの中にとどまっていることが多いです。





ボックス相場(レンジ相場)の損切りポイント

ボックス相場(レンジ相場)では、価格がレンジの中でとどまって推移するため、買いの場合はレンジの下限、売りの場合はレンジの上限を損切り(ロスカット)ポイントとすることが一般的です。ゆえに、買いや売りを入れた近辺で損切りポイントを設定できます。





ブレイクアウトした場合の損切りポイント

ボックス相場(レンジ相場)から価格がブレイクアウトした場合(参照:「ボックス相場(レンジ相場)のブレイクアウト(上放れ・下放れ)」)、ブレイクアウトした方向へついていったとします。例えば、ボックス相場(レンジ相場)から価格が上方向にブレイクアウトし、その瞬間に今後の上昇トレンドに期待して買いでついていった場合です。その場合の損切りポイントはどこになるでしょうか?

そのブレイクアウトが「だまし」でなく、

→参照:「ボックス相場(レンジ相場)のブレイクアウトのだまし

有効なブレイクアウトであった場合、価格がボックス相場(レンジ相場)の中間の水準まで戻ってくることは確率として比較的低いため、損切りポイントはレンジの中間あたりか、それより遠いレンジ内のどこかで設定するのが一般的です。




ボックス相場(レンジ相場)関連記事




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース