本文へスキップ

ゴールデンクロス・デッドクロスとは

ゴールデンクロス・デッドクロスとは


移動平均線を使ったトレンド分析

移動平均線を使ったトレンド分析で最も有名な「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」について解説します。



ゴールデンクロスとは


  • ゴールデンクロスとは、下降トレンドにあった価格が上昇し、その価格に追随した期間の短い移動平均線が期間の長い移動平均線を上抜いた状態のことをいいます。ゴールデンクロスは、上昇トレンドへの転換のシグナルとして広く知られています。

前ページ「移動平均線と株価の見方」で解説しましたが、価格が下降トレンドにある場合、株価と移動平均線の位置関係は、一番下に株価、その上に短期線、その上に中期線、一番上に長期線という並びになります。これが反転して上昇トレンドに移行する場合は、まず株価が上昇し、今まで株価とともに下を向いていた短期線を下から上に抜いてきます。そこから株価が短期線を下回ることなく推移すれば、次は短期線が下向きから上向きの線に変わります。そこからさらに株価が短期線より上で推移すれば、上向きになった短期線は、まだ株価に反応しきれていない下向きの中期線と交差します。この交差した状態をゴールデンクロスと言います。

たとえば、5日線(短期線)が25日線(中期線)を上抜けば、ゴールデンクロスとなります。これは、25日線(中期線)と75日線(長期線)の場合も同じで、25日線が75日線を上抜けば、ゴールデンクロスとなります。短期線と中期線のゴールデンクロスより、中期線と長期線のゴールデンクロスの方が相場転換のシグナルとしての信頼感は上がります。





デッドクロスとは


  • デッドクロスとは、上昇トレンドにあった価格が下落し、その価格に追随した期間の短い移動平均線が期間の長い移動平均線を下抜いた状態のことをいいます。デッドクロスは、下降トレンドへの転換のシグナルとして広く知られています。短期線が中期線を下抜く、または中期線が長期線を下抜く状態をデッドクロスといい、短期線と中期線のデッドクロスより中期線と長期線のデッドクロスの方が信頼度が高まり、下降トレンドへの転換をより示唆することになります。


ゴールデンクロスとデッドクロスは、移動平均線を使ったトレンド分析で知らない人はいないぐらい有名なものです。よって、テクニカル分析をする際はゴールデンクロスとデッドクロスの見方は必ず覚えておきましょう。
ただ、ゴールデンクロスやデッドクロスが必ずしも信用のできる分析方法であるかと言えばそうではありません。基本的に誰しもが知っていることは、その方向に進まないことも多いです。「だまし」が多いのです。ただ、ゴールデンクロスやデッドクロスは見過ごすことのできないぐらい有名な分析方法ですので、より精度を上げる見方をしていかなくてはなりません。ですので、当サイトでは次ページから精度を上げる見方について解説をしていきます。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース