本文へスキップ

トレンドラインによる損切りポイント(サポートライン・レジスタンスライン)

トレンドラインによる損切りポイント(サポートライン・レジスタンスライン)


トレンドライン

トレンドラインとは、価格の推移を明確にするためにチャート上に引く補助線のことです。現在の価格のトレンドが上昇傾向にあるのか下落傾向にあるのか、それとも横ばいの傾向にあるのかを見極める際に使用される線です。トレンドラインは主に「サポートライン」と「レジスタンスライン」2種類があります。

サポートライン安値と安値、レジスタンスライン高値と高値を結んだ線ですので、実際のチャート上には以下のようにして描きます。


価格のこれまでの推移をもとに、これから価格はどの方向を目指していくのかを予測するのがトレンド分析ですので、トレンドを分析するのはチャート分析の基本となります。トレンドの分析は、移動平均線が示す方向でトレンドを読む方法もありますが、上記のようにチャート上にトレンドラインを引いてトレンドを分析する方法も非常によく使われています。

→サポートラインとレジスタンスラインの引き方の詳しい解説は「サポートラインとレジスタンスラインの引き方」を参照してください。





トレンドラインによる損切りポイント

価格がトレンドラインをブレイクアウトするということは、それまでのトレンドが転換する最初のシグナルとなることが多いので、トレンドラインによる損切り(ロスカット)ポイントは、以下とすることが一般的です。

  • 買いの損切りポイントは、価格がトレンドライン(サポートライン)を下回る所。
  • 売りの損切りポイントは、価格がトレンドライン(レジスタンスライン)を上回る所。

ただし、価格のトレンドラインのブレイクアウトは「だまし 」となることも多いので注意が必要です。

→参考:トレンドラインのブレイクアウトのだまし





関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース