本文へスキップ

ボリンジャーバンドを逆張りで使う方法

ボリンジャーバンドを逆張りで使う方法


オシレータ系として逆張りで使う方法

ボリンジャーバンドは、±2σの間に相場が収まる確率は95.5%とされていますので、相場が+2σを超える確率は5%に満たないです。よって、例えば株価が+2σにまで上昇すれば、そこから値上りする確率は約5%なので+2σが売り時と判断できます。逆に、株価が-2σまで下落すればそこから値下がりする確率は約5%なので-2σが買い時となります。ボリンジャーバンドを逆張りオシレーター系として活用する場合は、そういった使い方をするのが一般的です。

ただし、ボリンジャーバンドをオシレーター系として活用する場合、相場に強いトレンドが出ている場合は注意が必要です。相場に強いトレンドが出ている場合、ボリンジャーバンドのバンド幅自体が広がっていきます(エクスパンション)。例えば、-2σまで株価が下落したので逆張りで買ってみたものの、株価はさらに下がり、-2σのライン自体も下がる、ということはよくあります(±1σや±3σの場合も同じ)。要するに、トレンドが出ればボリンジャーバンドをオシレーター系として使えば失敗しやすくなるのです。ボリンジャーバンドをオシレーター系として逆張りで使う場合は、揉み合い相場の時に限ります。すなわち、スクイーズの状態の時です。ボリンジャーバンドで、相場が揉み合っている状態を確認するには、ボリンジャーバンドのバンド幅が収縮(スクイーズ)しているかどうかを確認すればわかります。ボリンジャーバンドは、バンド幅が収縮(スクイーズ)していれば揉み合い相場の状態を示します。
ただし、ボリンジャーバンドをオシレーター系として逆張りで使うのは制度の高い投資法ではありませんので注意が必要です。バンドウォークで強いトレンドが出ている場合に順張りで投資する方が制度は高い傾向があります。





ボリンジャーバンドの見方と使い方






テクニカル指標







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース