本文へスキップ

コモンギャップとは

コモンギャップとは


コモンギャップとは

  • コモンギャップ(common gap)とは、普通(common)の窓(ギャップ)の意味で、商いが薄く流動性の低い銘柄で、わずかな売買で出現するような窓のことです。通常はレンジ相場の中で出現し、特に意味のないギャップとして捉えられます。いわゆる普通の窓で、新興市場の銘柄で出現しやすいギャップです。

※画像クリックで拡大




ギャップとは?

  • 日本のチャート分析でよく用いられる「」は、海外では「ギャップ」と呼ばれています。日本の場合は、酒田五法の「三空」や「窓・窓埋め」が代表的ですが、海外の場合は、窓(ギャップ)の種類を以下の4つに分けて考えられています。



4種類のギャップ





三空と4種類のギャップ

酒田五法の「三空」は、コモンギャップ、あるいはブレイクアウェイギャップとランナウェイギャップとエグゾーションギャップ(イグゾーションギャップ) の3つが並んだ状態に相当するものです。




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース