本文へスキップ

鯨幕相場とは

鯨幕相場とは


鯨幕相場とは

  • 鯨幕相場(くじらまくそうば)とは、チャート上で陽線陰線が交互に出ている状態の相場のことです。お葬式で使われる白と黒の幕のことを「鯨幕」といい、陽線と陰線が交互に出ている状態が鯨幕に似ていることから「鯨幕相場」と呼ばれています。



鯨幕相場の意味

陽線と陰線が交互に出ている時は、投資家が気迷っている時、また相場が方向感を失っていることを意味します。相場を動かすような材料がない場合に出やすい型で、日本株では海外要因に相場が左右されて、投資家が方向感を失ってる時によく出る型です。

鯨幕相場は、株価が上下どちらかに放れた時に終わるのが一般的です。





関連記事








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース