本文へスキップ

エンベロープを順張り・逆張りで使う

エンベロープを順張り・逆張りで使う


エンベロープを順張り・逆張りで使う




エンベロープを使用する際の注意点

エンベロープは、移動平均線を一定の割合で上下に乖離させ、バンド幅として表示したトレンド系のテクニカル指標です。価格が移動平均線からどれだけ乖離しているかを基準にして売買を判断する際に使うもので、一定期間の価格の平均値を線で結んだ線が移動平均線であるため、価格は移動平均線に収束しやすいとされており、エンベロープはこの考えをもとにしています。



すなわち、価格が揉み合っている時はエンベロープの上下限が反転ポイントとなりますが、価格にトレンドが出ている時は、移動平均線もそのトレンドに添って動くため、価格もエンベロープのバンドの上限or下限に添って動いてしまいます。ゆえに、相場にトレンドが出ているのを見誤ってエンベロープのバンドの上限・下限で逆張りしてしまうと、反転ポイントとならないので注意が必要です。

エンベロープは、移動平均線を一定の割合で上下に乖離させただけのテクニカル指標ですので、さほど効果的なものではありません。価格がエンベロープのバンドの上限・下限に接近することが必ずしも価格の反転ポイントとなることを意味しているわけではありません。エンベロープは、支持と抵抗の可能性のある領域を把握するのに役立ちますが、常に正確に機能するものではありません。





エンベロープ関連記事




テクニカル指標







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース