本文へスキップ

ローソク足の見方

ローソク足の見方


テクニカル分析

テクニカル分析は、縦軸に株価と出来高、横軸に時間をとって、過去の株価の値動きをグラフ化した「チャート」を使って分析(チャート分析)するのが一般的です。チャート分析では、時間の経過にともなう株価の値動きを視覚的に表示した「ローソク足」というものが最もよく使われますので、まずはローソク足について解説していきます。




ローソク足とは

ローソク足とは以下のような形状をしたものです。



このローソク足は株価の動きを示しており、形状がローソクに似ていることからローソク足と呼ばれています。ローソク足の形状の特徴は、箱形で白と黒(赤と緑、白と青などの場合もある)のものがあり、上下に長い棒がついている点です。ローソク足の箱形の部分を「実体」、上下の棒は「ヒゲ」といい、ローソク足は実体とヒゲによってその日の始値、安値、高値、終値を表しています。


始値 その日の最初の取引でついた株価
安値 その日の取引の中でついた最も安い株価
高値 その日の取引の中でついた最も高い株価
終値 その日の最後の取引でついた株価



実体の見方

白いローソク足は、その日始値よりも終値が高くなって終わったことを表しており「陽線」と呼ばれています。
黒いローソク足は、その日始値よりも終値が安くなって終わったことを表しており「陰線」と呼ばれています。




ヒゲの見方

上下のヒゲは、その日の高値と安値を表しており、
上ヒゲ(実体の上についているヒゲ)の先端が高値、
下ヒゲ(実体の下についているヒゲ)の先端が安値を表しています。





これらが「日足」によるローソク足の見方です。日足とは、ローソク足で「その日」の始値、高値、安値、終値を表したもののことです。ローソク足では日足の他に、分足、週足、月足、年足などがあります。その解説は次ページで。







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース