本文へスキップ

テクニカル指標とは(見方と使い方)

テクニカル指標とは(見方と使い方)


テクニカル指標とは

  • テクニカル指標とは、過去のチャートのデータからトレンドや市場心理など様々なものを指標化したもので、今後の値動きを予測するために作成された指標のことです。



テクニカル指標の種類

テクニカル指標は大きくトレンド系とオシレーター系の2つに分類されます。

トレンド系
トレンドを確認するためのテクニカル指標です。
移動平均線エンベロープ、パラボリック、一目均衡表などがあります。
オシレーター系
相場の転換点を探るためのテクニカル指標です。相場の過熱感から現在の価格が高い位置にあるのか、安い位置にあるのかを探る指標です。ただし、強いトレンドが出ている時や変動率が激しい時は通用しない指標でもあります。相場平穏時(揉み合い相場)に逆張りをする際には向きます。
RSIストキャスティクスモメンタム、ROCなどがあります。
トレンド系+オシレーター系
トレンド系としてもオシレーター系としても使われるテクニカル指標です。
ボリンジャーバンドMACDなどがあります。




テクニカル指標の見方と使い方

テクニカル指標は、今後の値動きを予測するために作成された指標でファンダメンタルズ分析(決算書や株価指標を見て企業の良し悪しや株価の割高/割安感を分析すること)やテクニカル分析と併用して活用すれば投資の精度は高まりやすくなります。ただし、相場にトレンドが出ている場合にはオシレータ系のテクニカル指標は通用しなくなりますし、揉み合い相場の場合はトレンド系のテクニカル指標は通用しなくなりますので、相場に適したテクニカル指標を使うことが大切です。また、テクニカル指標は過去のチャートのデータをもとにしているので、相場が強い値動きをしている時(暴騰や暴落)は相関性がなくなり通用しなくなりますので注意が必要です。ただ、テクニカル指標は見方さえ覚えてしまえば比較的簡単に使いこなせるものなので、投資初心者の方と専門家で差がつきにくいものでもあります。ファンダメンタル分析で専門家には及ばない面があるとしても、テクニカル指標の見方で及ばない面は少ないので使いこなせると投資の制度を高めるのに役立つものです。
相場にトレンドが発生しているのか揉み合い相場なのか判断しにくいことは多いので、テクニカル指標はどれか1つだけを見て投資判断するのは好ましくなく、トレンド系とオシレーター系のテクニカル指標を組合せて見るのが一般的です。





テクニカル指標







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース