本文へスキップ

ボックス相場(レンジ相場)のブレイクアウト(上放れ・下放れ)

ボックス相場(レンジ相場)のブレイクアウト(上放れ・下放れ)


ボックス相場(レンジ相場)


ボックス相場(レンジ相場)とは、一定の範囲内(レンジ)で価格がもみ合っている型のものです。レジスタンスラインサポートラインが水平に近い型になっているのが特徴で、一般的に相場はレンジの中にとどまっていることが多いです。





ブレイクアウト(上放れ・下放れ)の見方

ボックス相場(レンジ相場)を価格がブレイクアウトする、すなわち上放れる・下放れる、突き抜けることは重要なトレーディングシグナルとして捉えられます。ボックス相場(レンジ相場)のブレイクアウトは、放れた方向への値動きが差し迫っていることを示唆するものです。


ブレイクアウトには一般的に以下のような見方があります。

  • ボックス相場(レンジ相場)の期間が長いほどブレイクアウトした場合は、より重要なシグナルになる可能性が高くなる。
  • 小さい幅のレンジからのブレイクアウトは、より信頼性の高いシグナルとなる傾向がある。
  • ブレイクアウトした後、ブレイクアウトが確実になると、それ以前のレンジの上限(下にブレイクアウトした場合は下限)が価格支持線となる。




ボックス相場(レンジ相場)関連記事




関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース