本文へスキップ

MACDの使い方@(モメンタムの転換を見る)

MACDの使い方@(モメンタムの転換を見る)


MACDでモメンタムの転換を見る

MACD(マックディー)とは、オシレーター系に分類されることもあるテクニカル指標ですが、算出の基になっているのは移動平均なので、トレンド系のテクニカル指標として用いられることも多いテクニカル指標です。

MACDは、「MACD」と「シグナル」という2本のラインで構成されます。「MACD」は「早いタイミングで相場に反応するライン」、シグナルは「MACDより遅れて動くライン」です。MACDは、この2本のラインから買いと売りのシグナルと判断し、短期のトレンドを判断します。

  • マイナス圏(ゼロラインより下)で、「MACD」が「シグナル」を下から上に抜けた時が買いシグナルとなります。突き抜ける傾きが急であるほどそのトレンドは強く信用度は高くなります。
  • プラス圏(ゼロラインより上)で、「MACD」が「シグナル」を上から下に抜けた時が売りシグナルとなります。突き抜ける傾きが急であるほどそのトレンドは強く信用度は高くなります。





MACDで表示される「MACD」は、モメンタムの転換を見る際にも使われます。ゴールデンクロスやデッドクロスよりモメンタムの転換が早く出る傾向にあります。「MACD」では、モメンタムは角度で表されます。角度が急である場合は勢いがあることを示し、「MACD」が横ばいになってきたときは勢いが弱くなってきていることを示します。「MACD」が垂れてきたら危険信号を示します。ただ、MACDが垂れてきてシグナルとクロスしそうになってもまた離れる場合があります。そこが反転のポイントになる場合があります。





テクニカル指標







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース