本文へスキップ

株主代表訴訟とは

株主代表訴訟とは


株主代表訴訟とは

  • 株主代表訴訟(かぶぬしだいひょうそしょう:stockholder derivative suit)とは、株主が不正などを行って会社に損害をもたらした取締役に対して、会社に代わって起こす損害賠償を請求する訴訟のことです。株主代表訴訟は「代位訴訟」とも呼ばれます。



どんな株主が株主代表訴訟を起こす?

株主代表訴訟は、6ヶ月以上にわたって株式を保有している株主であれば誰でも行えます。会社の取締役は、株主から委託されて会社を経営しており、その責任を負う立場です。その取締役が、会社に対して不正などを行って、損害をもたらした場合、会社が取締役の責任を追及しますが、その際、会社が責任を追及しなければ、株主が会社に代わって損害賠償を請求する訴訟を起こすことができます。これが株主代表訴訟です。




株主が勝った場合・負けた場合

株主代表訴訟で株主が買った場合、取締役は個人で会社に賠償することになります。ただ、株主は会社に訴訟費用は請求できますが、賠償金を受け取ることはできません。一方、負けた場合は、訴訟費用は株主の負担となります。




株主代表訴訟を起こせる期間

株主代表訴訟を起こせる期間は、民法で10年と決まっています。すなわち、損害賠償制度の消滅時効が10年となっています。会社が損害を受けてから10年の間であれば株主代表訴訟をすることができます。








※その他「用語」に関する記事は以下。








































姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。

初心者のための仮想通貨専門サイト

仮想通貨を1からわかりやすく徹底解説(動画付き)!投資情報からトレード手法まで、仮想通貨をはじめるならここから!




バナースペース