本文へスキップ

GDPと株価とPERの関係

GDPと株価とPERの関係


GDPとは

  • GDPとは、「国内総生産(こくないそうせいさん」」と言われるもので、国内で1年の間に新しくつくり出された生産物やサービスの金額の総和のことです。生産が増えているかどうかを示す指標となります。



GDPが上がるとPERが上がる

GDPが上がっている経済状態の時、株式市場ではPERが上がりやすくなります。
GDPが上がっているということは生産が増えていることを示し、消費が増えていることを意味しますので、経済の状態が良いということを示します。企業が生産を増やすためには設備投資を増やさなければならず、同時に従業員も増やさなければならないので、雇用が増えて従業員の給料も増えることとなります、従業員の給料が増えれば、消費が増えるので企業はさらに生産を増やします。企業が生産を増やすためには設備投資を・・・といった好循環を生むこととなります。よって、GDPが上がっているということは景気が良い状態を示します。ゆえに、GDPが上がっていると、今後さらに経済状態がよくなることが予想されますので、次期の決算ではEPSが上昇するとの思惑から、PERが上がりやすくなるのです。

GDPが上がっている局面では、それまでのPERの基準とは違う相場になることがありますので、GDPが上がっている局面では相場を注意して見ておく必要があります。





関連記事







姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。



バナースペース