本文へスキップ

建設支出とは

建設支出とは


建設支出とは

  • 建設支出(米国)とは、米国内で着工された住宅・商業施設・公共施設の建設における建設会社の費用の統計です。米国の商務省が毎月第一営業日に前々月分が発表しています。建設支出は、米国のGDPの約20%を占めています。住宅・商業施設・公共施設に区分されて発表され、それぞれ米国のGDPに占める割合は、住宅3%・商業施設5%・公共施設11%程度となっています。


住宅
住宅建設が増加していれば、それに伴って家電や家具も買われやすくなるので、耐久財の需要増要因となり、経済にはプラス要因となります。米国の住宅は、利下げによって刺激されやすいです。
商業施設
商業施設建設が増加していれば、企業の設備投資が積極的である可能性が高い。
公共施設
公共施設の増減は、公共施設に占める割合が大きい州・地方政府、また連邦政府に振らされやすい。



建設支出の見方

建設支出 増
景気拡大・ドル買い要因
建設支出 減
景気後退・ドル売り要因

ただし、建設支出は統計の開始から発表まで期間が長いため、事前に予測が立てられやすく、大型受注などでブレ幅が大きくなったり、改訂が行われやすいため注意が必要です。



建設支出は、



↑上記のページの下部にある「経済指標カレンダー」の欄で、発表前の市場予想の数値「予想」と、発表後の実際の数値「実際」を確認することができます(PCのみ)。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース