本文へスキップ

住宅取得能力指数とは

住宅取得能力指数とは


住宅取得能力指数とは

  • 住宅取得能力指数(Housing Affordability Index)とは、米国の家計の住宅を取得(購入)する能力を示す指数のことです。住宅の抵当権を担保にしたローンであるモーゲージローン(日本の住宅ローンに相当)で住宅を取得するために必要な最低所得水準と実際の所得水準の比率によって算出される指数で、全米不動産協会(NAR)が公表しています。



住宅取得能力指数の見方

住宅取得能力指数は、100以上であれば住宅取得が可能な所得を得ている状態で、実際の所得水準が住宅を取得するのに必要な最低所得水準を上回っていることを示します。本指数は、家計の所得が増えれば高くなり、モーゲージローンの金利や住宅価格が上昇すれば低くなります。本指数は、米国の金利低下によって2013年に214まで上昇したことがあります。これは、実際の所得水準が住宅を購入するのに必要な最低所得水準を214%上回っていることを示します。一方、本指数が100であれば、住宅取得能力に余裕がないことを示します。








姉妹サイトの紹介

株初心者のための株式投資と相場分析方法

株式投資初心者の方から中・上級者の方まで、全ての投資家に必要な投資情報を詳しく解説したサイトです。投資信託やデリバティブ、経済学の内容も充実。

株式マーケットデータ

IMM投機筋ポジション・投資部門別売買状況・裁定取引の推移・信用残の推移・株価指標・債券・為替の動向まで、投資をする際に見ておきたいデータを集めたサイトです。

投資戦略

マーケット動向をブログ形式で随時更新。日々の投資の参考にご活用ください。




バナースペース